當前位置 : 每日動漫歌詞 > Y > 翼年代記 > 正文-蜜雨歌詞

蜜雨歌詞

在線發布歌詞 來源:原創翻譯  所屬專輯 :

翼年代記歌詞

日語名稱:アムリタ

中文版

傾聽令人懷念的歌聲
從那遙遠的口中傳出
像圣潔的蜜又像場夢
在那之中沉睡

為何整個世界無力的逆流
不知何時
看見晚霞替代了那
不在身邊的緋紅云彩

我想如果空中飄落銀色雨滴
那一定是我擦拭的淚滴

在肌膚上一直滑落的流星
繼續滑落 在肩頭的蜜雨

大地在哭泣的夜里
用心感受
你傷口的痛楚
希望能在空中射出那箭

我想如果空中飄落銀色雨滴
那一定是時間停止了

地平線上響遍雨滴飄落聲
可以確定的是
每天降落的蜜雨

我想如果空中飄落銀色雨滴
那一定是我擦拭的淚滴

在肌膚上一直滑落的流星
你化作雨水降臨 那是蜜雨

日語版本(一)

聴かせて懐かしい歌を
遠くで口ずさんで
聖なる蜜のように夢のように
その中で眠らせて

どうして世界は逆さに無力に流れてくの?
夕焼け
いつか見た茜雲
そばにいれないその代わりに

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
涙を拭いて

まっすぐに肌に落ちる流星
降り続けて その肩に蜜雨(アムリタ)

大地が泣いている夜を
感じる心でいて
あなたの傷口が痛むなら
空に願いの弓矢を撃つ

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
時間を止めて

地平線 響き渡る雫
確かなもの
あの日々に蜜雨(アムリタ)

銀色の雨が降ってきたら私だと思って
涙を拭いて

まっすぐに肌に落ちる流星
あなたに降る雨になる 蜜雨(アムリタ)

日語版本(二)

聴(き)かせて懐(なつ)かしい歌(うた)を
遠(とお)くで口(くち)ずさんで
聖(せい)なる蜜(みつ)のように夢(ゆめ)のように
その中(なか)で眠(ねむ)らせて

どうして世界(せかい)は逆(さか)さに無力(むりょく)に流(なが)れてくの?
夕焼(ゆうや)け
いつか見(み)た茜(あかね)雲(くも)
そばにいれないその代(か)わりに

銀色(ぎんいろ)の雨(あめ)が降(ふ)ってきたら私(わたし)だと思(おも)って
涙(なみだ)を拭(ふ)いて

まっすぐに肌(はだ)に落(お)ちる流星(りゅうせい)
降(ふ)り続(つづ)けて その肩(かた)に蜜雨(アムリタ)

大地(だいち)が泣(な)いている夜(よる)を
感(かん)じる心(こころ)でいて
あなたの傷口(きずぐち)が痛(いた)むなら
空(そら)に願(ねが)いの弓矢(ゆみや)を撃(う)つ

銀色(ぎんいろ)の雨(あめ)が降(ふ)ってきたら私(わたし)だと思(おも)って
時間(じかん)を止(と)めて

地平線(ちへいせん) 響(ひび)き渡(わた)る雫(しずく)
確(たし)かなもの

搜索翼年代記更多《蜜雨》歌詞信息

黑龙江11选5根号技巧